引越し必要なし
引越し必要なし
ホーム > > ハイドロキノンとトレチノインで美白を目指す

ハイドロキノンとトレチノインで美白を目指す

美白のお手入れに夢中になっていると、無意識に保湿をしなければならないことを失念したりするものですが、保湿のことも入念に実行しておかないと期待ほどの成果は得られなかったなどということもしばしばです。
保湿のキーポイントは角質層の水分量に他なりません。保湿効果のある成分がふんだんに使われている化粧水で角質層を潤いで満たし、加えた水分量が飛んで行かないように、乳液やクリームをつけることで肌にふたをしておきましょう。

肌への薬効が皮膚表面だけでなく、真皮層まで及びぶことが確実にできる非常に数少ない抽出物と言っても過言ではないプラセンタは、表皮の代謝のリズムを加速化することによって透き通った白い肌を作り出すのです。

ヒアルロン酸とは最初から人間の体の中にある成分で、かなりの量の水分を抱える有益な機能を有する生体由来の化合物で、とても多くの水をため込む性質を持っています。

用心していただきたいのは「顔に汗が吹き出している状況で、無頓着に化粧水をつけたりしない」ということ。ベタつく汗と化粧水が一緒になってしまうと大切な肌に影響を与えてしまう恐れがあります。


体内の各部位においては、継続的な消化酵素でのコラーゲンのアミノ酸への分解と再合成が反復されています。年齢を重ねると、この兼ね合いが失われることとなり、分解の動きの方が増大します。
美容液というのは基礎化粧品のひとつであり、洗顔料で洗顔した後に、十分な水分を化粧水で浸みこませた後の皮膚に塗布するというのがごく基本的な使用方法です。乳液状のタイプやジェルタイプのものなどが存在します。

セラミドという成分は、肌の新陳代謝のプロセスの中で生成される"細胞間脂質"を指し、およそ3%ほどの水分を抱き込んで、角質層の細胞をまるで接着剤のようにつなげる大切な役割があるのです。

保水力に優れるヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって作り上げられたネットワークを満たすような状態で分布していて、水を保持する働きによって、みずみずしく潤いに満ちたピンとハリのある肌に整えてくれます。

ここまでの研究成果では、プラセンタの多様な有効成分の中には単純な栄養分ばかりでなく、組織の細胞分裂を巧みにコントロールする作用を持つ成分が備わっていることが事実として判明しています。


この頃では抽出の技術が進み、プラセンタの中の有効成分を安全性の高い方法で取り出すことが可能な状況となり、プラセンタが有する多彩な薬理作用が科学的にしっかり裏付けられており、なお一層の効能を解明する研究も進んでいます。
セラミドを食事とかサプリメントなどの内部からと、化粧水などの外部から身体に摂取することを実施することで、非常に効果的に若く理想とする肌へ導いていくことが可能であるとみなされています。

通常は市場に出回っている化粧水や乳液などの基礎化粧品や健食に使用されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としたものが主に使われています。安全性が確保できるという面から他の動物由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが間違いなく一番安心だといえます。

20代の元気な皮膚にはセラミドが多量に保有されているので、肌も水分を含んでしっとり感があります。ところが悲しいことに、加齢と共にセラミドの保有量は少しずつ減っていきます。

美容液をつけなくても、きれいな肌を維持できるのであれば、何ら問題ないと思いますが、「物足りなくて不安な気がする」と考えることがあれば、年齢のことは関係なく毎日のスキンケアに取り入れてはどうでしょうか。


シミ対策にハイドロキノンとトレチノインが良いと言われていますが、ハイドロキノンは化粧品にもよく使われています。こちらの化粧水にもハイドロキノンが配合されているようです。→ハイドロキノン化粧水ならアンプルールがおすすめ